走ってて膝が痛くなった女性

このようなランナー膝の症状にお悩みですか?

  • ランニングをよくしていて膝周辺に痛みが出る
  • 走ったり歩いたりすると膝の外側が痛む
  • 重心が外側になっている(靴の外側がすり減る)
  • 走っている時の痛みが少しずつ増してる
  • 思い切り走ると強く痛む
  • 膝を曲げ伸ばしすると痛む

このような症状があると走ったり運動したりすることができずにお辛いと思います。

境川ゆうき整骨ではランナー膝の治療も得意としておりますのでお任せください!

ランナー膝とはどんな症状?

ランナー膝とは主によく走ったりされる方に良く起こるスポーツ障害で、走る際の膝の曲げ伸ばしで

膝の外側にある靭帯(腸脛靭帯)や筋肉が、骨(大腿骨)と擦れることにより炎症が起きることによって生じます。

初期症状としては、走っていて痛みが出ても休むことで痛みは消えていきますが、ケアや治療を行わずに症状が進行すると、

次第に休んでも痛みがとれにくくなっていきます。朝起きてからも強い痛みが出たり、普段の生活動作でも痛みが出たりします。

よくあるランナー膝の対応

痛みが出ている膝の部分を冷やしたり、ランニングやスポーツを休むことで軽減することが多いです。

また、消炎鎮痛剤を使用したりストレッチなどで柔軟性を確保することも効果がある場合もございます。

そもそもランナー膝の原因は?

先ほどにも紹介したように、膝の外側にある靭帯(腸脛靭帯)や筋肉が、骨(大腿骨)と擦れることにより炎症が起きることによって生じます。

本来であれば、走るだけでは膝の外側に負担が来ることは少ないはずですが、

使いすぎ(overuse)、間違った使い方(disuse)、筋肉のアンバランス、柔軟性の低下、合った靴を使えてない。

このようなところもランナー膝になる原因となってきます。

特に、間違った使い方(disuse)をしている方は多い印象です。膝は特に被害者となりやすいのです。

境川ゆうき整骨院でランナー膝がなぜ改善するのか?

痛みの直接的な原因は膝の外側で炎症が起こる事ですが、そこに炎症が起こる理由を考えなければなりません。

使いすぎ(overuse)、間違った使い方(disuse)、筋肉のアンバランス、柔軟性の低下、合った靴を使えてない。

これらを細かく調べていきます。特に股関節足首の動きは重要になってきます。膝関節は安定させる関節なのに対して

股関節と足首は可動させるための関節だからです。ここのバランスが崩れている人が多く、膝にも負担がかかってきます。

評価の部分をしっかり行い、あなたが今何が出来ていなくて何が必要かを的確に判断し治療を行います。

改善後も、再発予防のためのケアや指導もさせていただきます。

初回限定! 肩こり、腰痛などどんな症状でもお任せ下さい。あなたの症状にあわせたオーダーメイド整体コース(60〜80分)

  • 1日2名様限定!
  • 5月25日まで

通常価格7,600

特別
価格

2,980

090-6355-1701

LINEで境川ゆうき整骨院の空きを確認する

インスタのDMで境川ゆうき整骨院の空きを確認する

境川ゆうき整骨院の近隣地図