坐骨神経痛の画像

このような坐骨神経痛の症状にお悩みですか?

  • お尻から下肢にかけて痛む
  • 長時間立っていられない
  • 腰を反らすと下肢に痛みや痺れが出る
  • お尻の痛みで長時間座る事が出来ない
  • 歩くと下肢に痛みが出て長時間歩けない
  • 身体を前に倒すと痛みが強くなる

このような症状があると日常生活でもかなり不便だと思います。

境川ゆうき整骨では坐骨神経痛の治療も得意としておりますのでお任せください!

坐骨神経痛とはどんな状態?

坐骨神経痛とは、腰から足にかけて伸びている「坐骨神経」がさまざまな原因によって圧迫・刺激されることであらわれる、痛みやしびれるような痛みなどの症状のことを指します。
多くの場合、腰痛に引き続いて発症し、次にお尻や太ももの後ろ、すね、足先などに痛みやしびれるような痛みがあらわれます。

坐骨神経痛は原因がはっきりと特定できる場合、症状のひとつとして扱われます。例えば、
「腰椎椎間板(ようついついかんばん)ヘルニア」
「腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)」などの疾患が原因のときは、腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症が病名、坐骨神経痛が症状、ということになります。  

坐骨神経痛は原因の疾患が比較的見つかりやすいので、病名ではなく症状として扱われることが多いようです。
ただ、検査をしても原因が見当たらない場合は、坐骨神経痛が病名となります。

一般的に行われる坐骨神経痛の対

多くは、痛みなどの症状を改善するため、薬物療法や消炎鎮痛効果のある湿布などが挙げられます。
坐骨神経痛の原因となっているものにもよりますが、すぐ手術となることは少なく、運動療法や温熱療法で保存的に治療を行っていきます。

保存療法をいくら行っても痛みなどの症状が取れない場合や、排尿や排便に問題が出るケースでは手術適用となる場合もあります。

そもそも坐骨神経痛の原因は?

前にも説明したように、坐骨神経痛を引き起こしている原因は様々ですが、
原因のひとつとして“腰椎疾患”があります。

なかでも特に多い病名は
「腰部脊柱管狭窄症」
「腰椎椎間板ヘルニア」です。
この2つの疾患は「構造」に問題が起きて痛みや痺れを引き起こします。これらの場合は症状を正しく見極めたうえで、改善までの期間が決まってきます。

それら以外の「末梢神経絞扼障害」というのも存在します。
これは、坐骨神経の大元の部分での障害ではなく、通り道の問題になります。例えるなら、蛇口に繋がれたホースが水漏れをしていて、

蛇口自体の問題=「腰部脊柱管狭窄症」「腰椎椎間板ヘルニア」
ホースのどこかに問題がある=「末梢神経絞扼障害」のようなイメージになります。

境川ゆうき整骨院で坐骨神経痛がなぜ改善するのか?

先ほどから説明してある、「腰部脊柱管狭窄症」「腰椎椎間板ヘルニア」のような構造に問題がある場合は適切な期間と治療で改善していきます。

ですが、坐骨神経痛の多くは「末梢神経絞扼障害」による事が多いです。どの部分で絞扼されているのか様々な徒手検査により根本の原因を突き止め、お一人お一人に合わせて施術を行います。

整体で、痛みの元になっているEntrapment point(絞扼箇所)の機能を改善します。坐骨神経痛が出ないようにするために“支える筋肉“をトレーニングでつけていくことによって、痛みやしびれの出ない身体へ導きます。

坐骨神経痛と言っても、原因は様々です。的確な施術を行わないと改善しません。

「好きなことを思いっきり楽しみたい」「子どもと遊びたい」「バリバリ仕事をしたい」痛みやしびれのない生活を取り戻したい方は是非、ご相談下さい。当院が責任をもって施術をさせて頂きます。

初回限定! 肩こり、腰痛などどんな症状でもお任せ下さい。あなたの症状にあわせたオーダーメイド整体コース(60〜80分)

  • 1日2名様限定!
  • 5月25日まで

通常価格7,600

特別
価格

2,980

090-6355-1701

LINEで境川ゆうき整骨院の空きを確認する

インスタのDMで境川ゆうき整骨院の空きを確認する

境川ゆうき整骨院の近隣地図